当社に関して
ホ-ムペ-ジ > 理想イベント

Entegorが中国工商銀行に操作オートメーションを実現するのを助けた


2007年2月26日、中国工商銀行はEntegor製品を仕入れて、操作オートメーションのプラットフォームを構造しました。

半年以上の実施する過程を通じて、工商銀行はプロジェクトに関連するシステムの日常の大量の操作オートメーションの管理をすでに実現して、同時に、理想科技術は工商銀行に『操作オートメーションの開発規格』を創立したのを助けて、専門家の角度から見て、工商銀行の操作オートメーションの開発の流れと技術の细かい点を規範にします。プロジェクトの収益は工商銀行の好評を受けました。

工商銀行のイントラネットのニュースから選択して、内容は次のように:

先日、データセンター(北京)が操作するオートメーション化のプロジェクトをまた新しい進展が現れてきました。7月14日からEntegor操作オートメーションシステムをみごとに運行して、そしてネットの銀行が公用的なデータベースの大量に操作中運行してみてから、9月19日、ネットの銀行の個人的なデータベースと戸口のデータベースの日常の操作もみごとにオートメーションの操作を実現して、これで、ネットの銀行のデータベースの日常の操作はすべてオートメーションをすでに実現しました。

オートメーションのプロジェクトの実施を保証するために、プロジェクトグループは生産に投入する前に十分な準備をしておいて、Entegorオートメーションの流れを制定することとSHELLを改造した成功的な経験を基に、合理的に有り合わせの流れを最適化して、そして十分なテストが行われました。特に運営、保守する部門は積極的にプロジェクトの仕事に協力して、操作オートメーションの実施を進めます。このプロジェクトの生産に投入することが相応するアプリケーションシステムのインターフェイスを修正しなければならないために、運営、保守する部門は積極的に従業員を組織して一方でEntegorツールを熟知して、一方で実施できる自分で操作オートメーションの操作するコントロールを掘り起こします。現在、開放のプラットフォームのサーバー オートメーションのSHELL改造、流れを制定することとテストするのををすでに完成しました

目前プロジェクトは計画に基づいてC/SとB/Sなどのその他の大量の操作方式の梳くことと研究が行われて、操作オートメーションのプロジェクトがアプリケーションシステムに広げることに従って、データセンター(北京)も開放のプラットフォーム操作オートメーションのレベルを高めることに従って、安全に運行する生産のためにより良いサービスを提供します。