ソリューションケース
ホ-ムペ-ジ > ソリューションケース

電力業界のソリューションケース


新時期で電力業界の情報化は次の新しい要求を直面して:グループ化、セントラリゼ-ション化、集約化と精密化の企業管理パターン,情報化に対して新しいモードの要求を提出しました;コンピュータ・ネットワーク応用の普及と深化は、情報化が企業の発展、生産管理と業務伸びにより高い水準のサービスを提供するのに必要があります。情報資源の効率的に利用と共有するのが更に切実になります;情報資源の安全が企業の生存、発展との関係が更に密接です。上述の要求に適するために、国家の電力網会社の統一的に配置することを基に、電力業界の情報化建設は分散から集中に転換していて、局部での制御、管理することから長距離での集中的に制御、管理へ転換して、統一的な情報システムプラットホームを創立することと企業資源を共有する方面に転換します。当方案は上述の背景に基づいて現れて、主に電力企業に向かって、情報化なソリューションケースを提供します。データセンター、応用集成、企業の門戸を含んで、情報システムと資源を統合することを実現して、企業応用の統一的に管理プラットフォームを構造して、「デジタル化企業、情報化企業」の実現に支持を提供して、資源共用と方策分析のために基礎プラットフォームを提供します。アプリケーションシステムを建設するのを通じて、計量、料金の計算、安全生産、財務管理、電気を使うマーケティング管理、生産プロジェクト、物資管理、マンパワー、オフィスオートメーション、地理情報システム、政治仕事管理などのサブシステムを含んで、電力を供給する企業の全面的な情報化管理を実現します。